「川原町の家」

川原町の家

敷地面積20坪の下町情緒あふれる街中に建つ住宅です。
採光を考慮してロフト付の2階を主な生活エリアとしています。1階の天井高さは極限まで抑え、階段の段数を減らし2階へのアクセスに負担のないように考慮しました。
内装仕上げには古板・アイアンを採用してビンテージ風に、複数のペンダントライトで天井高さを強調して広さを演出しています。

※ 写真はクリック(タップ)で拡大表示します。

「ちいさしきちをおおきくつかう」一覧へ戻る