「土間のある家」昔ながらの土間・厨子2階の暮らし

土間のある家

2階建ての家ですが、高さを低く抑えた厨子(ツシ)2階を持つ家です。
土間空間を挟んでパブリックなLDKとプライベートの寝室を分離させています。土間からの風景は少しノスタルジックな懐かしさも室内に取り入れることができ、癒やし効果がうまれました。

※ 厨子(つし)二階とは、二階の天井が通常より低い町屋の様式です。近世後期頃に完成し,明治時代の後期まで一般的に建築された様式です。当時は主に物置などに使用されていました。

※ 写真はクリック(タップ)で拡大表示します。

過去の実績リストへ戻る